薬剤師は調剤薬局でどんな仕事をするの?病院での仕事内容は?

薬剤師は調剤薬局で調剤業務を行う

病院に行くと医師が診察をしてくれ、診察内容に応じて処方箋を作成してくれます。かつては病院内に薬局があり、そちらで医師の処方箋の通りの薬をもらえました。そして診察代と薬代を一緒に払えました。今は病院内に薬局はなく、外来患者は病院外の調剤薬局で別途処方箋を渡して薬を購入しなければいけません。調剤薬局には薬剤師の資格を持った人がいて、いろいろな病院の医師が作成した処方箋を元に調剤を行います。新卒で薬学部を卒業した人の多くは、まず調剤薬局に就職して調剤業務を行うようです。調剤薬局によって調剤をする薬に一定の偏りが出る時があります。総合病院近くの調剤薬局ならいろいろな薬の調剤ができますが、内科や眼科の近くの調剤薬局だとそれぞれの科の調剤に偏りがちです。

病気を治療するために積極的に医療に関わる薬剤師

病院に入院をすると、まず担当の医師が付いてくれます。そして看護師も付いてくれて日常の看護をしてくれます。その他リハビリでは理学療法士や作業療法士などの専門家が担当してくれます。その他に病院内には薬剤師がいて、病院内で使う薬剤の管理をおこなったり、治療に使う薬の調剤をおこなったりします。基本的には医師が処方箋を作成するので、それに基づいて調剤を行います。ただ薬に関しては医師よりも高度な知識を持っているので、医師に提案をするときもあります。ある治療をするにあたって、医師が処方した内容に対して別の薬の方がいいのではないかと提案をする時があります。また医師から治療に関してより適切な薬がないかの相談を受ける時もあります。

土日が休みであったり、残業少なめであったり、年収700万円といった好条件の情報が満載な薬剤師のシニア求人もあります