意外とたくさんある秘書の仕事は向き不向きがある

どんな仕事を行っているか

一般的に秘書というと、イメージとしては社長についてスケジュール管理しているようなところでしょう。仕事内容によって秘書と一言で言っても色々なタイプに分かれます。一般的に多いのは企業秘書になりますが、それ以外にも医療秘書や法律秘書や学校秘書等もあります。仕事内容は上司の仕事内容によって大きく異なります。一般的には、上司のスケジュール管理が仕事の中でもとても大切な役割となります。とても忙しい上司であれば、分刻みでスケジュールを管理していくことになります。いかに効率よく仕事をこなすことができるかを管理するのも秘書の務めです。また、上司宛にかかってきた電話やメールは上司に代わって秘書が受けることが多いでしょう。メール返信に関しても代理で行うこともよくあります。さらには、上司が仕事をしていく上で必要と思われる情報を取りまとめるのも秘書の仕事です。上司が普段から使っている机や備品類の整理整頓も秘書の仕事になってきます。このように見ていくと、一日の中でもかなり忙しく秘書は働いています。

秘書の仕事をして身につくもの

いかに上司が仕事を快適にこなせるか、これをサポートしていくのが秘書の役割です。ですから、とにかく一歩先をいく感じで物事を判断する能力が必要となります。上司の考えることを察知するのも大切です。ですから、誰にでもできる仕事ではありません。性格としても周りのことに気が付くタイプが良いでしょう。そして、秘書の仕事をしていくと、コミュニケーションの力がつきますし、とても細かい気遣いも知らないうちに見につきます。

企業で秘書を雇うのではなく、秘書の派遣を利用する形が存在しています。予定確認したり、電話の応答、会議室などの予約などを行ってくれます。