工場で働こう!期間工のメリットとデメリット

期間工の仕事はメリットがいっぱい

期間工の募集は良く見かけるけれど、実際に働いたことはないという人は多いのではないでしょうか。期間工とは企業の工場で働く作業員のことで、寮に住み込みで働くなど少し変わった勤務形態が特徴的です。実は意外と知られていませんが、この期間工の仕事には様々なメリットがあります。まず、募集に際して学歴や経歴が不問の場合が多く、働き始めるハードルは低めに設定されています。これは、工場での作業内容が誰でもすぐに覚えられる軽作業がメインとなっているからです。また、期間工を募集する時期は工場の繁忙期であることが多く、企業が少しでも多く労働力を確保したいと考えているからでもあります。時給は1000~1500円ほどと高めに設定されており、残業手当や夜勤手当など、短期間でもしっかりとお金を稼げるということもメリットです。

デメリットもいくつかあります

期間工の仕事にはたくさんのメリットがありますが、いくつかのデメリットもあります。まず、期間工は同じ企業で勤務できる日数が限られており、気に入った企業だからといつまでも働き続けることはできません。定期的に新しい企業に転職しなければならないというデメリットがあります。また、企業が用意する寮にも良し悪しがあり、実際に赴任するまでどのような寮で住み込みをするのかは分かりません。勤務地や工場は自分で選ぶことはできず、人事担当者の指示に従うことになります。そのため、前回の寮を利用したいというような希望を出せないというデメリットもあります。

今、家を借りるのも家賃がかなり高いです。そこで住み込みの求人があれば家賃がかからないか安くすむ分だけ助かります。