国家資格が必須!?歯科衛生士の求人に応募出来る人とは?

歯科で働く人々の資格と役割について

歯医者さんには虫歯治療を行う病院を始め、美を中心とした歯科治療を行う審美歯科、歯並びをきれいに整えて噛み合わせを正すための治療を行う矯正歯科などの種類があります。中には、インプラント専門の治療院もあるなど、一言で歯医者さんと言っても様々な診療科があるわけです。歯医者さんの中で働いている人は、治療を行う歯科医を初め、歯科衛生士、受付業務や歯科医のアシスタントを行う人などがいます。受付業務などの場合は、レセプション業務も含まれるため医療事務の資格が必要不可欠です。大きな病院などでは受付専門のスタッフがいますが、個人の歯医者さんや比較的規模が小さな病院の場合は、受付業務と歯科医のアシスタントの両方を行うケースが多いのです。

歯科医のアシスタントと歯科医衛生士の違いとは

歯科医のアシスタントは、主に患者さんの案内や治療に必要な医療器具を揃える、うがいをする時に利用するコップの準備や洗面台の清掃など、他にも治療中のアシスト業務などがあります。これに対して、歯科衛生士は国家資格を持つ人で、医療行為を行うことが許されています。歯医者さんで働いている人の中には医療事務の資格を持つけれども、歯科衛生士の資格を持たない人も少なくありません。医療事務はあくまでもレセプション業務が中心になる資格ですから、歯科衛生士が患者さんに行うようなプラークコントロール指導や歯石除去などは行うことは出来ません。最近の歯医者さんは歯科衛生士の数が不足しているなどからも求人の数が多いと言われています。

歯科衛生士の求人を探すには、歯科衛生士専門の求人サイトを活用すると、効率よく就職・転職先を見つけることができます。