保育士の仕事内容って?保育士になるためには

保育士の朝昼夕の仕事内容

保育士になりたい、保育士ってどんなことをするの?保育士になるためにはどうしたら良いのか、保育士についてご紹介します。

保育士の朝昼晩の仕事内容

保育士の朝は開園準備から始まります。お部屋の掃除や換気、スケジュール確認や朝礼を終えたあと 、子供たちを順々に迎えます。その後、朝の会が始まり、出席確認、お歌や体操などを行います。
昼は給食前の手洗いうがいなどの補助、食事を共にし、歯磨き排泄などの補助を行います。お昼寝の時間となるため絵本を呼んだり、寝かしつけをし、子供たちが寝静まった後に、連絡帳を書いたり少しの休憩です。
お昼寝後のおやつの時間を挟み、夕方は子供たちを遊ばせながらお迎えを待ち、順々に迎えに来る保護者へ子供たちを受け渡し、その日の日報を書いたりお部屋のお掃除をして園を後にします。

保育士の勤務時間は?3パターンに分かれる

一般的に早番、中番、遅番の3パターンに分かれます。主な勤務時間としては7時30分から16時30分が早番、8時30分から17時30分が中番、9時30分から子供たちが全員帰るまでが遅番です。
残業があり、行事の前などは準備などを行ったり、クラスだよりなどを作ったりします。
保育士のお休みは、基本的に土日と祝日となりますが、土曜日は交代制で出勤することとなります。週休二日制であるため、土曜日が出勤となると平日休みとなりますね。

保育士になるためには

保育士として働くためには、保育士資格が必要です。保育士資格を持っていないという場合は、保育士資格の受験を受けるため、受験のための知識を付ける必要があります。受験後は保育士登録というものを行い、保育士証書取得となります。資格習得後、保育士証書を貰わなければ働くことが出来ないため、保育士登録をお忘れなく。

保育士の求人を大阪で探すと比較的沢山見つかります。大阪にはビジネス街などがあり、保育園の需要が高いからです。