地元企業の人材採用!?新卒は厳しいが中途採用を上手く活用して生き残る

地元企業が新卒を採用するのは難しい状況

首都圏からは離れた地方の企業は求人を出しても人が集まらず、人材不足に悩むことが多いです。地元の学校を卒業した人の多くは、首都圏等で働きたいという希望を持っているためです。確かに地方に住んでいると、首都圏へのあこがれを持つことが多く、高校までは地元の学校に通っていたとしても、大学は首都圏に出ていったりします。そのため地方の企業は新卒がなかなか採用できず、技術の伝承が上手く進んでいないケースも多々あります。しかし、首都圏に出て行った人も、地元に残してきた親の面倒をみるために地元に戻らざるをえなくなったりして、所謂Uターンで地元企業に転職するケースも多いです。親を首都圏に呼ぶとしても周囲は知らない人達ばかりに囲まれた環境で生活させるよりも、知り合いが多い地元で生活する方が安心させることができます。そのために地元に戻ってきて就職するという選択になります。

地元企業が人材を採用して技術を伝承させる方法

首都圏で働いている人が地元企業への転職を考えた場合に、面接のために長い時間を掛けて地元に帰ってくることは、日常生活の中では時間がなかなか取れないため難しい状況にあります。そのため、地元企業の多くは、ネットを使って転職情報を流し書類審査をおこないつつも、面接したいと思う人がいたら夏休みやお盆休みといった地元に帰ってくるタイミングで面接を設定するなど、転職者が転職しやすい環境を提供しています。地方企業としては中途採用者を上手く利用して、会社内の年齢層を埋めて、技術の伝承がスムーズにできるような採用活動をおこなっているところが多いです。

CADオペレーターとは、CADと言われるソフトを使用して、手書きの図面を清書したり設計を含む図面を作成する職業の人達を指します。3次元のソフトには大変高価な物も存在します。