医師が面接のときに気を付けておきたいこと

基本的な言葉遣いについてしっかりとチェック

医師が転職を考え、自分の条件に合った転職先が見つかり、試験を受けることが出来たとします。転職をする際に避けては通れないのが面接です。面接を受ける際に気を付けておかなければいけないことはいろいろとありますが、医師ならではの注意点がいくつかあります。まずは自分自身の言葉使いは適切かどうかチェックしてください、特にある程度の地位にいる医師は多くの看護師や後輩の医師を指導し、指示する立場にあります。すると、おのずと敬語を使う場面が少なくなります。しかし、面接では敬語で話すことが基本中の基本です。日頃敬語を使う機会が少ないと感じている人は、きちんと敬語で話すことができるかどうかを確認しましょう。

身だしなみなども確認しましょう

また、医師は休暇中でも呼び出しがあればそのままの服装で現場に駆けつけることも多いです。通常の業務でも白衣に身を包んで仕事をすることが多いことから、意外と服装に関しては無頓着な人が多いのが現状です。しかし、面接試験においてはその人の身だしなみも評価内容に含まれます。必要以上に着飾る必要はありませんが、スーツは折り目がついていない綺麗なものを着用するようにし、ヒゲは当日までに剃っておきましょう。髪の毛もボサボサの状態で行かないように長ければ前日までに散髪を済ませ、寝癖がある場合は当日にしっかりと直しておいてください。試験の時間には余裕を持って行くようにしましょう。ギリギリに行くと印象は悪くなります。そして前日からすでに試験は始まっているという意識で姿勢は正しくし、面接のときは携帯電話の電源は切っておきましょう。

医師のバイトには主に、日中の外来対応と夜間の当直があります。どちらも医者でなければできないバイトのため、一般的なバイトよりも時給は高くなっています。